続・自由不平等

3分映像募集中


「格差社会」「ワーキング・プア」「ネットカフェ難民」……言葉のブームが去っても、状況は解決しない。
事あるごとに「監視」され、「処分」され、「逮捕」される
かの国に比べて「自由だ」と喧伝されるこの国家はホントに自由なのか?
歪んだ社会構造の上でのさばっている奴らに映像を叩きつけろ!

応募された映像は無審査で
2008年12月1日(月)午後8時30分より
東京渋谷 UPLINK FACTORYにて開催予定の
「VIDEO ACT! ドキュメンタリー祭」の中で上映される

締切りを2008年11月22日まで延長!

【VIDEO ACT! ドキュメンタリー祭】
ビデオアクト10周年を記念し、作品群の中からセレクトして一挙上映!
http://www.videoact.jp/screening/08special.htm

【自由不平等】
VIDEO ACT!では2006年に「自由不平等」というテーマで3分の映像作品を募集した。
応募された作品は無審査ですべて上映され、パッケージ、ネット配信により現在でも観る事ができる。
http://jp.youtube.com/groups_videos?name=libertyINEQUALITY
http://jp.youtube.com/group/libertyINEQUALITY

これまでの3分映像公募
http://www.videoact.jp/3min/index.html




<募集要項>
1.テーマは“自由不平等”について思うこと。
2.時間は3分以内。
3.制作者の国籍、職業などは問いません。
4.制作は個人でもグループでもかまいません。
5.応募は無料です。
6.ご応募の特典として、劇場上映会の入場料を無料とさせて頂く他、頒布用DVDを進呈いたします。
7.応募するビデオのフォーマットは、
DV(miniDV)、DVCAM、HDV、DVD、S-VHS、VHSとさせていただきます。
8. 既存の映像、音楽を使用する場合は、制作者の責任で著作権の処理をお願いいたします。
9 応募作品は、劇場での上映会に加え、劇場に来られない方のために、実費でのDVD頒布も予定しています。DVD頒布は実費で行いますので制作者への金銭的還元はできません。また、劇場上映会だけのために作品を出し、頒布用DVDには収録しないという事も選択できます。
さらにYoutube等インターネット上での公開もいたします。下記記入欄でどちらかをお選びください。
10.映像は郵送でお送りください。郵送費は制作者の負担とさせていただきます。 応募テープ/ディスク等は、頒布用DVDと同時に返却します。万が一のためにバックアップを取られておく事をおすすめします。
11. 締め切り 2008年11月22日(土)

応募・問い合わせ先
VIDEO ACT!
TEL: 03-5496-7088 FAX:03-5496-7078
URL: http://videoact.jp/ e-Mail : info@videoact.jp

以下の項目を記入の上、映像とともにお送りください。

・作品名
・制作者名
・郵便番号
・住所
・Tel.
・Fax.
・E-Mail
・インターネットでの公開(どちらかをお選びください):公開可/公開不可
・頒布用DVDへの収録(どちらかをお選びください):収録可/収録不可
・作品コメント(100字程度)劇場での上映時・ネット公開等で紹介します。


■ VIDEO ACT HOME ■
■ビデオアクトについて ■ビデオ販売 ■上映会 ■AcTV ■メンバー ■メーリングリスト ■掲示板 ■上映イベント告知板 ■特別企画 ■サイトマップ
2004 VideoAct. All rights reserved.