VIDEO ACT! 上映会 第6回

〜女性ビデオ作家の新しい表現〜


2000年6月10日(土)

ポスターを描く女性 手にした食品の成分表示

 ビデオカメラを手にした女性たちが、自ら表現を始めた。

 彼女等にとってそれは「自分」探しの旅であり、社会から「女性」として位置付けられる事に対する違
和感をなんとかしようという試みでもあった。
 その手法はイメージ的であったりストレートであったりビジュアル的な冒険であったり。時には繊細に、
時には大胆に、ジェンダー(社会的に作り出された性差)に疑問符を投げかける。

6月10日(土)
18時半〜 上映
 『ミエナイセン』(宮原美佳、25分)
  ※第22回 東京ビデオフェスティバル ブロンズ賞 受賞作品

 『ゆらゆら』(山本祐子、7分)
 『疑似恋愛』(山本祐子、7分)
 『からっぽ』(山本祐子、7分)


19時半〜 トーク&ディスカッション

参加費 500円

地図 飯田橋セントラルプラザ 10階AB会議室
東京ボランティア・市民活動センター(03-3235-1171)
JR線・地下鉄飯田橋駅下車 徒歩1分

問合せ:ビデオアクト上映プロジェクト




[VIDEO ACT! 上映会]インデックスへ戻る

[PMN(民衆のメディア連絡会)]ホームページへ

[VIDEO ACT!]ホームページへ


■ VIDEO ACT HOME ■
■ビデオアクトについて ■ビデオ販売 ■上映会 ■AcTV ■メンバー ■メーリングリスト ■掲示板 ■上映イベント告知板 ■特別企画 ■サイトマップ
2004 VideoAct. All rights reserved.