第39回
VIDEO ACT! 上映会

米軍基地の被害
沖縄 高江、東京、そして……

2008年2月15日(金)  19:00〜

米軍基地による被害の実態と、基地の本質に迫る

上映作品
『やんばるからのメッセージ 〜沖縄県 東村 高江の記録〜 (2007年10月 22分)

制作 ORACION
監督 比嘉 "マーティ" 真人
音楽 Dinka Dunk

■ 沖縄島北部は「やんばるの森」と呼ばれる手つかずの自然が残っていて、ヤンバルクイナやノグチゲラといった、ここにしか生息していない貴重な動植物がいる。
しかし、そのうちの広大な面積は米軍基地によって占拠されている。
基地に隣接して人口157人の人々が生活している集落 高江(たかえ)。
そこにいま、高江の集落を取り囲むようにして米軍のヘリパッドが建設されようとしている。
自然と共生しつつ、基地建設を止めようとして毎日座り込みを続けている人たちを描く。
 ※現地 高江からのブログ http://takae.ti-da.net/

『静かな夜を 〜横田基地による爆音被害をなくすために〜 (2006年12月 22分)

企画・制作 新横田基地公害訴訟団、新横田基地公害弁護団
制作協力 日本電波ニュース社
演出 小林アツシ

■ 首都圏に海外の基地がこけほどあるのは日本だけと言われている。
横田基地周辺では騒音の被害に対する裁判も行なわれた。

軍民共用化をめざす石原都知事の基地訪問や横田基地で行なわれる日米友好祭などの映像を通して基地の本質に迫る。

2008年2月15日(金)

18時30分 開場


19時00分〜 開始

上映順
1.『静かな夜を 〜横田基地による爆音被害をなくすために〜』
2.『やんばるからのメッセージ 〜沖縄県 東村 高江の記録〜』

■上映後、制作者・関係者を交えてのトーク+ディスカッション。
(出演予定)
大野芳一さん(新横田基地公害訴訟団)
高江での座り込み参加者
小林アツシ(『基地はいらない、どこにも』監督)

20時50分 終了予定 

上映会場

東京ボランティア・市民活動センター(03-3235-1171)
東京・飯田橋セントラルプラザ10階
東京都新宿区神楽河岸1-1
JR中央線・地下鉄飯田橋駅下車 徒歩1分
アクセス方法 → http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html
東京ボランティア・市民活動センター(03-3235-1171)

参加費

500円

お問合せ先

ビデオアクト上映プロジェクト
(TEL: 03-5261-2229, 090-3471-7475 )
( MAIL: jyouei@videoact.jp

★上映作品・スタッフ募集中!★


■ VIDEO ACT HOME ■
■ビデオアクトについて ■ビデオ販売 ■上映会 ■AcTV ■メンバー ■メーリングリスト ■掲示板 ■上映イベント告知板 ■特別企画 ■サイトマップ
2008 VideoAct. All rights reserved.