第43回
VIDEO ACT! 上映会
〜家族を映すカメラ〜
2009年2月4日(水)  19:00〜

ある朝、母が宗教に入っていることを知る。 ぼくはただ、対話をするしかなかった。

 

予告編はこちら

上映作品
『belief(ビリーフ)
※ナレーション朗読をリアルタイムで行う、オリジナルヴァージョンにて上映。

(2007年/62分)  監督:土居哲真

main

■ ある朝、母がカルト視される宗教に入ったことを知った息子。 その現実に直面して、彼は母にカメラを向けた。 次の日、印鑑などの購入の他に、多額の献金をしていることが判明する。 どうしてこんなことになってしまったのか? 母は特別信仰心に篤い人ではない。 3年前に父が亡くなったことが原因かもしれない。 あるいは、仕事を辞めて毎日一人で家にいるのが悪かったのかもしれない。 繰り返される様々な対話。淡々と続いていく母の日常。 やがて疑問の矛先は彼自身に向けられる。 彼はうつ病を患っていた。苦しむ息子を思いやる母。 母はもしかしたら自分のためにカルトに入ったのではないか? 彼は事実を知ろうと思う。

■カルトとは何か?そして、家族とは何か? この映画は、監督自ら全編撮影し、 母親をはじめとする家族、宗教信者、宗教識者、心理学者、弁護士らとの対話によって制作されました。 しかし本作を「カルト問題についてのドキュメンタリー」とだけ見ることは 適切ではありません。これは、監督自身の母親への愛の告白であり、同時に母親の息子への愛の告白であり、そして家族というものがいかに成り立っているかということの記録でもあります。自分の母親と話がしたくなる、そんな映画です。

出演:土居幸子、土居健一、土居りえ子、土居恭史郎、土居明日架、
    浅見定雄(聖書学者)、山口広(弁護士)、
    パスカル・ズィウ゛ィ(カウンセラー)、西田公昭(心理学者)
監督:土居哲真
製作:麻田弦 伊東美穂
音楽:福島諭
整音:横山純
意匠:桝尾あき
題字:並河久美子
配給:「belief」製作委員会

(2007年/日本/DV/カラー/62分)

「belief」公式ウェブサイト

2009年2月4日(水)
18時30分 開場

19時00分〜 開始

■上映後、監督である土居哲真さんを迎え、トーク&ディスカッション。

20時50分 終了予定 

 
上映会場

東京ボランティア・市民活動センター(03-3235-1171)
東京・飯田橋セントラルプラザ10階
東京都新宿区神楽河岸1-1
JR中央線・地下鉄飯田橋駅下車 徒歩1分
アクセス方法 → http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html
東京ボランティア・市民活動センター(03-3235-1171)

参加費

500円

お問合せ先

ビデオアクト上映プロジェクト
(TEL: 03-5261-2229, 090-3471-7475 )
( MAIL: jyouei@videoact.jp

★上映作品・スタッフ募集中!★


■ VIDEO ACT HOME ■
■ビデオアクトについて ■ビデオ販売 ■上映会 ■AcTV ■メンバー ■メーリングリスト ■掲示板 ■上映イベント告知板 ■特別企画 ■サイトマップ
2009 VideoAct. All rights reserved.