VIDEO ACT! in YAMAGATA 2003
10月10日から16日まで、
山形市で行われる山形国際ドキュメンタリー映画祭および国民文化祭にて
ビデオアクト関連映像を続々上映!


10月13日(月・祭)14時〜
山形国際ドキュメンタリー映画祭
「ヤマガタ・ニューズリール!」特集内
『インターネット・アクティヴィズム Part 1』
プレゼンター:小林アツシ(ビデオアクト)

於:az七日町(山形市中央公民館)4階 
反戦ギャルと機動隊ズラ〜リ

自主ビデオの普及をめざすビデオアクトでは、2001年9月11日の事件以降「反戦」を
掲げてインターネットでの映像配信を行ってきた。これまでには不可能だった自主メ
ディア映像による速報を継続。この2年間で撮影に関わったスタッフは18名、特にこ
の春には3〜4月の二ヶ月だけで25本、118分に及ぶ映像を配信した。また、「戦争」
をテーマにした3分間の映像作品を募集して無審査で一挙に上映する『ニッポン・戦
争・私』というコラボレーションも行ってきた。それらの活動を続ける中で見えてき
た問題点や課題・今後の展開方法などを未公開映像や他の国の事例なども紹介しなが
ら探る。
→『インターネット・アクティヴィズム Part 1』詳細


『人らしく生きよう』 10月15日(水)21時30分〜
山形国際ドキュメンタリー映画祭
ニュー・ドックス・ジャパン内
『人らしく生きよう ― 国労冬物語』
監督:松原明、佐々木有美

於:ミューズ1

1987年の国鉄分割民営化は現代リストラの原点だった。この時、1047名の鉄道
員が問答無用に解雇され、それから15年以上にわたる闘いが続いた。マスコミ
に無視された「戦後最大の労働争議」をビデオプレスが作品化した。2001年BOX
東中野劇場公開で大ヒットし、その後全国250ヶ所で自主上映が行われている。
→『人らしく生きよう ― 国労冬物語』詳細


10月10日(金)15時30分〜
国民文化祭
『新しい神様』
監督:土屋豊

於:遊学館、入場無料
『新しい神様』

民族派パンクパンド「維新赤誠塾」のメンバーと本作品の監督、
土屋豊とのコミュニケーションの記録。世紀末ニッポンを生きる
若者の心象風景を浮かび上がらせ、各国の世界映画祭を席巻。国
内の劇場公開でもロングランを記録した超話題作。ぷちナショナ
リズムと騒がれる今、更に必見。主人公の雨宮処凛は、現在、作
家として大ブレイク中!
→『新しい神様』詳細


10月13日(月・祭)10時30分〜
国民文化祭
『PEEP "TV" SHOW」』
監督:土屋豊

於:遊学館、入場無料
『PEEP

ブラウン管から映し出される2001年9月11日のNYの映像を
「美しい」と感じてしまった盗撮マニアと、解離してしまった自分
をあきらめかけていたゴスロリ少女との間に起こった2002年8
月15日から9月11日までの出来事を描く。リアルを奪還する二
人の困難な闘いは、同時代を生きる者に微かな希望を与えるか?
→『PEEP "TV" SHOW』詳細


『ニュータウン物語』
イラスト 奥田桃子
10月12日(日)13時30分〜
国民文化祭
『ニュータウン物語』
監督:本田孝義

於:遊学館、入場無料

日本全国各地にニュータウンが生まれて30年。今、大きな曲がり角を迎えつつある。
監督の本田孝義は自らが育った、岡山県の山陽団地というニュータウンを再び訪れ、
街の歩みをたどっていく。語られる話はどこにでもある「普通」の話。そこには、
ニュータウンに託したささやかな夢や希望、そして現実が静かに横たわっていた。
→『ニュータウン物語』詳細


山形国際ドキュメンタリー映画祭
http://www.city.yamagata.yamagata.jp/yidff/home.html

国民文化祭
http://www.pref.yamagata.jp/bk/kokubun/index.html


[VIDEO ACT! 上映会]インデックスへ戻る

[VIDEO ACT! 掲示板]へ

[VIDEO ACT!]反戦プロジェクトへ

[VIDEO ACT!]ホームページへ


■ VIDEO ACT HOME ■
■ビデオアクトについて ■ビデオ販売 ■上映会 ■AcTV ■メンバー ■メーリングリスト ■掲示板 ■上映イベント告知板 ■特別企画 ■サイトマップ
2004 VideoAct. All rights reserved.